たっぷり歩くこみせ通り外周りコース

まち歩き こみせ通り外回りコース

コース概要

移動手段:徒歩 所要時間:約2時間

松の湯交流館 4分 かぐじ広場 12分 金平成園 6分 第二消防部屯所 4分 九戸家住宅 3分 御穀水 15分 黒石神社 5分 十川酒店 12分 金の銀杏 1分 津軽こみせ駅 3分 松の湯交流館

松の湯交流館 出発

屋根からにょきにょき突き出ている松の木は、樹齢350年ともいわれています。
元銭湯であった松の湯交流館を拠点にまち歩きスタート。

松の湯交流館

徒歩 4分

かぐじ広場

こみせに面する商家の裏庭(かぐじ)を共有スペースとして整備した公園です。
黒石市の高校生がデザインした恋よされのモニュメントや、黒石市ゆかりの作曲家歌碑顕彰碑を見ながら広い芝生で一息。

かぐじ広場

徒歩 12分

金平成園

板塀に囲まれた空間は、まちなかにあるとは思えない別世界。大石武学流庭園の集大成です。 (有料/期間限定開園)
※開園期間/さくらまつり・ねぷた祭り・黒石よされ・秋の紅葉シーズン(各期間はお問い合わせください)

大石武学流庭園 金平成園

徒歩 6分

第二消防部屯所

大正9年築で老朽化により一時期アルミシャッターに替えられた扉は、住民の手で昔の木製の扉に復元。
昔の良きものを守っていこうという熱意のこもった代物です。

第二消防部屯所

徒歩 4分

九戸家住宅

手入れされた茅葺屋根が美しく、江戸時代から現存している武家屋敷です。
内観は非公開ですが、外観だけでも一見の価値があります。

九戸家住宅

徒歩 3分

御穀水

江戸時代初期の朝臣、花山院忠長が茶の湯に用いたとされる清水です。(現在は利用・飲用不可)

徒歩 15分

黒石神社

津軽黒石家の祖、津軽信英が祀られ黒石の歴史を語るに欠かせない場所。
旧弘前東照宮から遷座した徳川家康公も!

徒歩 5分

十川酒店

昭和初めごろまでは山形町方面に長くこみせを構えた元酒蔵。
ちいさなまちかど博物館のひとつでもあり、当時のこみせが写るセピア色の写真やひな飾りを常設展示しています。

十川酒店

徒歩 12分

金の銀杏

八甲田山系の湧水で打った自慢の十割そばを落ち着いた雰囲気の中で堪能できます。

営業時間:11:00~14:00 17:00~19:00 ※そばが無くなり次第終了
定休日:火曜日
TEL:0172-53-7286

徒歩 1分

津軽黒石こみせ駅

津軽じょんがら節発祥の地で津軽三味線生演奏を無料で聞くことができます。
お土産品などの物産も!
※三味線の演奏は一日二回、午前11時~、午後2時~(冬は土日祝のみ)

津軽黒石こみせ駅

徒歩 3分

松の湯交流館

集いの蔵(カフェ)でドリンクやスイーツを。
交流館に持ち込みも可能なので、ゆったりとまち歩きの疲れを癒してください。

営業時間:11:00~16:00
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日です)

松の湯交流館 十文字カフェ

黒石市をもっと満喫

コミュニティーに入ってみる

松の湯交流館ではさまざまなイベントが開催されています。
教室やワークショップなどに参加してみませんか。

松の湯交流館のイベント

黒石市の文化に触れる

黒石市には、県指定文化財など歴史のあるものがたくさんあります。
古い町並みや伝統あるお祭り、昔から愛されてきた温泉など、文化に触れて感じてみてください。

黒石市の文化財、温泉、食をめぐる


黒石市へ観光でお越しの方へ
黒石市民の方へ
周辺観光情報
黒石で食べる 黒石で買う 黒石で観る 黒石で温まる 黒石へ来る 黒石を読む
トップページ
松の湯交流館について
利用案内
施設詳細・料金表
施設占用申請
松の湯のご利用提案
コミュニティを作る
黒石を案内する
松の湯で過ごす
観光でお越しの方へ
松の湯レター
インフォメーション
イベント情報
黒石市とは
黒石市の年間イベント
黒石で食べる
黒石の見どころ
黒石の温泉
黒石でお買い物
周辺観光情報
ダウンロード
アクセス
サイトマップ
リンク
プライバシーポリシー
お問い合わせ

住所 〒036-0377
青森県黒石市大字中町33(アクセス
TEL 0172-55-6782
FAX 0172-55-6783
MAIL お問い合わせはこちらから
時間 9:30~18:00
駐車場 20台(身体障害者用駐車場:2台)
休館日 夏期(4月~11月):無休
冬期(12月~3月):毎週月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合はその翌日)、年末年始

黒石市 ホームページ
ページの上に戻る