黒石の温泉

黒石温泉郷

十和田湖の観光がまだメジャーでなく、交通が不便な時代でも入浴客が訪れていたと言われている黒石温泉郷
江戸時代に作られたとされる、大相撲の番付の様に格付けされた全国の温泉地温泉番付には、温湯温泉板留温泉の名前が挙がっています。
浅瀬石川ダムの建設等に伴い、廃湯となった今では幻の温泉地、二庄内、要、古蔵、沖浦も含めて、“西十和田いでゆライン”と称され石碑が建立されています。 現在は温湯・板留・落合・青荷を合わせて黒石温泉郷と呼び、湯治客にも一般のお客様にも親しまれています。

温もりを長く保つ特徴から温湯と名づけられ、土用の丑の日に“温湯丑湯まつり”が行われる事でも知られています。

古書に名が残っている為、1500年代にはすでにあったとされ、傷や皮膚病に効く“美肌の湯”として親しまれています。

浅瀬石川をはさみ、板留温泉郷と向かい合っています。落合は“黒石の奥座敷”と呼ばれています。

黒石一山深く、青荷渓谷の渓流沿いに位置する青荷温泉は豊かな自然が織りなす風景も楽しむことができます。

温湯・板留・落合・青荷の温泉郷以外にも個性豊かな温泉地が点在し、それぞれに異なった泉質が特徴です。

湯めぐりを楽しむ

黒石温泉郷 湯めぐり

黒石温泉郷の温泉はエリアによって泉質や効能が異なり、入る順番によってより効果を期待できるといわれています。
また、それぞれのエリアが割と近くにあるため、湯めぐりしやすい環境でもあります。
各温泉の違いや効果を実感し、お好みの温泉を見つけてみてはいかがでしょうか。


黒石市へ観光でお越しの方へ
黒石市民の方へ
周辺観光情報
黒石で食べる 黒石で買う 黒石で観る 黒石で温まる 黒石へ来る 黒石を読む
トップページ
松の湯交流館について
利用案内
施設詳細・料金表
施設占用申請
松の湯のご利用提案
コミュニティを作る
黒石を案内する
松の湯で過ごす
観光でお越しの方へ
松の湯レター
インフォメーション
イベント情報
黒石市とは
黒石市の年間イベント
黒石で食べる
黒石の見どころ
黒石の温泉
黒石でお買い物
周辺観光情報
ダウンロード
アクセス
サイトマップ
リンク
プライバシーポリシー
お問い合わせ

住所 〒036-0377
青森県黒石市大字中町33(アクセス
TEL 0172-55-6782
FAX 0172-55-6783
MAIL お問い合わせはこちらから
時間 9:30~18:00
駐車場 20台(身体障害者用駐車場:2台)
休館日 夏期(4月~11月):無休
冬期(12月~3月):毎週月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合はその翌日)、年末年始

黒石市 ホームページ
ページの上に戻る